キャッシング

MENU

キャッシングの現在と過去の移り変わり

過去のキャッシングは、金利が高い商品として知られてきました。大手業者の商品であっても、29.2パーセントという利息に関しての法律である利息制限法を大幅に超えた数字が貸付金利として設定されていたからです。大手業者はテレビ番組に、コマーシャルも数多く提供していました。つまり29.2パーセントの金利でサービスを行う事は、法律上問題がないと認識されていたという事になります。

 

29.2パーセントという金利は、出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律の上限とされていた数字です。この法律は金融業者を規制する事が目的で1954年に制定された法律で出資法という略称で呼ばれています。出資法は利息制限法よりも上位に位置づけられており、利息制限法を超えていても出資法の範囲内であれば刑事罰が科せられる事はありませんでした。

 

利息制限法は元本が大きくなると上限金利は低くなるという内容ですが、出資法は元本により変動する事はありません。このために、金融業者からの借入が大きい場合でも29.2パーセントの金利で返済しなければならないという状態でした。利息制限法という法律に抵触しているにもかかわらず、刑事罰の対象ではないという事から白いとは言えないが黒いとまではいかないという意味でグレーゾーン金利と呼ばれていました。

現在の健全になったキャッシング

出資法と共に貸金業者を規制するための法律である貸金業法は、2006年に改正されて2010年に施行されています。これにより出資法の上限金利は20.0パーセントにまで引き下げられました。さらに、利息制限法を超えた金利でのサービスの提供を行った業者に対しては刑事罰を科すという事も決定されたので、グレーゾーン金利は廃止されています。

 

利息制限法に基づいてのサービスを提供する事が決められたので、現在のキャッシングは改正施行以前よりも10パーセント以上低い金利が採用されています。100万円の借入がある場合には、1年間で10万円返済額が少なくて済むようになったという事です。利息制限法の範囲内でサービスを行う事が決められた事によるメリットは、他にもあります。

 

利息制限法は元本が大きくなると上限金利は低くなるという内容です。キャッシングは、これに基づいたサービスなので、利用可能額が大きくなれば金利が低くなるという事になります。利用可能額を増やすためには、キャッシングのルールである遅れずに返済するという事を継続させるのが有効です。ルールを守っての使用を継続させる事により、低い金利で大きな金額を利用出来る可能性を高める事が出来ます。

 

大手有名消費者金融や銀行で安心のキャッシングをするために

プロミスは消費者金融の中でも特に有名であり、TVCMや各種メディア広告でもよく目にします。気になる在籍確認についても電話以外でも相談可能としているため、不安な方は一度電話をかけてみましょう。

銀行カードローンとなると口座が必要に感じますが、オリックス銀行カードローンでは他行の銀行口座でも問題なく振り込みでの借り入れを利用することが出来るようになっています。

 

プロミスとオリックス銀行カードローンを比較してみる
借り入れ先 年利や年率 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分回答
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最高800万円 最短即日回答